ED治療は自由診療

自由診療であるED(勃起不能)を治療したい場合、診察から処方まで全て保険が適用されません

ED治療が自由診断であることを説明する医者と教わる患者

診察料・処方料・検査料がかかることも

ED治療薬の処方のために窓口まで来た図

ED治療を受けることを希望してクリニックに行くと大抵はこのED治療には保険が使えないのですが、診察も処方も含めてED治療は自由診療になるということなのです。
ただし、EDで悩んでいるときに病院へ行くことで治療薬であるバイアグラやレビトラなどのお薬を処方してもらうことができます。
保険が利かないということはつまり、クリニックによって値段は変わってきてしまうことになってしまうのですが、初診料は無料で診察を受けることができるクリニックも探せばあります。
そして、薬だけを出してもらえて薬代だけ請求してもらうことができるクリニックもありますが、自由診療になるのであくまでも、そのクリニックの方針が関わってくることになってきます。
自由診療では、その料金をその治療を行うことになってくるクリニックが自由に設定することができることになっているのもあって、診察にも費用がかかるときには薬代もすべて保険適用ではなく、自己負担になってくるのです。
ED治療にかかるそのほかの費用としてはED治療薬を出してもらえるだけではなくて、内服薬などの薬物療法、男性ホルモンを打つなどの治療、外科的な治療を受けることが必要になってきてくるケースもあり得ます。
この中で治療費がかからなくなってくるのは内服薬だけなのです。
診察を受けるだけでもその診察の費用も幅広くなっているということがあるのですが、検査を受けることが必要になってくると、その検査費用も自己負担になってきます。
検査の費用は検査項目によって、金額も変化してくることがあるのです。
EDは勃起不全 アルコールの飲みすぎでも起こり得る病気ですし、特に高齢者の方がよく発症する疾病なので、便利なサイトとしてED治療ナビという物もありますので、悩んだらまずはサイトを見ていろいろと予備知識をつけてみるのも良いでしょう。